新築一戸建てはどっちがいい?

新築一戸建てにする場合、その選択肢は二つあり、一つ目はすべてにおいて自分の好きな様に設計ができる注文住宅、そして二つ目は既に建てられている住宅を購入するという建売住宅という選択肢です。

建売住宅とは→http://www.homes.co.jp/edit/kodate/shinchiku/kodatecolumn/09/

この新築一戸建ての注文住宅と建売住宅には、どんな違いがあって、それぞれどんな風に選んだらいいのでしょうか?

家を建てたい土地が既にあると言う場合、その場合は注文住宅を建てることになります。

この場合は、その土地に自分の好みの家を建ててくれる信頼できる建設会社やハウスメーカーを探す必要があります。

土地を持っていないという場合、土地を探して自分の思い通りの家を建てたいのであれば、注文住宅にします。

また、土地を探すのは面倒だし、間取りなどもある程度決まっていて、費用がかからない方が便利であるのであれば、建売住宅を選ぶことになります。

それぞれ土地を探したり、建売住宅が建築されているところなど住む場所を探してからのスタートです。

また、自分の家になるのだから、時間をかけて色々な設計や設備にこだわって建てたいというのであれば、注文住宅に、あまり時間がかからない方が良い、面倒なのが嫌というのであれば、建売住宅を選択しましょう。

この場合の注文住宅の場合は依頼したい建築家やハウスメーカーがあれば、そこに依頼を、特に建築家などの希望が無い場合は、施工する会社が決まっているけれど、土地と注文住宅を選べる建築条件付きの土地にすることもできます。