新築一戸建てが良い理由は?

自分の家が欲しい、どうせ建てるのであれば新築一戸建てにしたいと思う人も少なくないと思います。

新築一戸建てという言葉の響きはちょっとした憧れでもありますよね。

今、日本ではマンションやアパートの集合住宅も増えてきていますが、やはり自分だけの空間であったり、隣近所にあまり気を遣わなくて良い一戸建てを求めている人は多くいます。

家を購入する時に、マンションと比べて、一戸建てが良いというメリットにはどんなことがあるでしょうか?

マンションの場合は一応敷地の割合で所有できる部分はあるものの基本的には自由にできる土地ではないので実質上は建物のみになりますので、その空間だけが資産となるので自由にできる範囲が限られています。

そのことからも、建築年数が経過して劣化してしまった場合に、マンションでは勝手に建て替えたりすることができませんが、一戸建てであれば、自由にリフォームしたり、建て替えることができます。

一戸建ての場合はその区画が独立しているので、共有スペースなどもなくプライバシー面が優れています。

多少の騒音や臭いなどを気にしすぎずに暮らすことができます。

敷地内であれば、よほどのことでなければ自分の好きな様に庭を造ったり、駐車場を設置したりと自由に活用することができます。

また、管理費や修繕維持費などがかかることもなく、駐車場を敷地内に作れば、駐車場代もかかることがありません。